神経内科

神経内科

当科外来は脳卒中・頭痛・めまい症・しびれなどを主に扱う一般外来と、神経難病を扱う専門外来から構成されています。脳卒中では脳梗塞が、頭痛では緊張型頭痛、片頭痛が多く、めまい症では良性発作性頭位めまい、椎骨脳底動脈循環不全が、しびれでは変形性頚椎症が多い傾向にあります。神経難病ではパーキンソン病および関連疾患、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症の三疾患が大部分を占めています。
脳卒中については、脳神経外科、リハビリテーション科と連携して、麻痺・失語症などの回復期医療に力を入れています。神経難病については最新の知見とエビデンスに基づいた診療を行っており、リハビリテーション科と連携して運動機能および発語・嚥下機能の回復に力を入れています。

下記のような症状のある方は当科でご相談下さい。

  • 頭が痛い。
  • めまいがする。
  • しゃべりにくい。
  • ものが飲み込みにくい。むせる。
  • 手足がふるえる。動作が遅い。細かい仕事がしにくい。
  • 歩きにくい。フラフラする。
  • 手足に力が入らない。
  • 手足がしびれる。

頭痛外来

一般に神経内科医は診断、投薬に強く、麻酔科医は神経ブロックが得意です。頭痛外来では神経内科および麻酔科の有資格者で、頭痛専門医かつInternational headache masterの秋山が頭痛、後頚部痛、顔面痛など診療(検査(MRIなど)、診断、投薬、神経ブロックなど)をさせていただいています。

医師紹介

秋山 拓也(あきやま たくや)

当院で神経内科および痛み外来を担当しています。神経疾患一般への対応のみならず、頭痛や神経障害性疼痛などの診断、薬物療法、神経ブロック療法、脊髄刺激療法も行っております。
その他顔面麻痺、上下肢痙縮などでボツリヌス治療も行っております。また外国人への英語のみでの診察も可能です。
何かございましたら当院へお気軽にご紹介もしくは受診ください。

出身大学 信州大学卒(H20)
資格・認定医 内科認定医
神経内科専門医
頭痛学会専門医
麻酔科標榜医
ECFMG Certificate
趣味 サッカー、犬の散歩