スポーツ整形外来

スポーツ外来

スポーツ外来では、 捻挫や骨折をはじめとしたケガやスポーツ障害に対し、 精密検査と適切な治療を行い速やかな回復を目指します。
スポーツにつきものなのが、野球肘やテニス肘、ランナー膝など、競技による繰り返し動作で引き起こされるスポーツ障害です。ジュニア・学生アスリートから、あらゆる競技のアスリートを対象としております。
次のような症状があったら、当院のスポーツドクターにお気軽にご相談ください。

ひじ・肩・ひざの主な症状

患部 主な症状
ひじ
  • 投球時や投球後に肘が痛くなる。
  • 関節の伸びや曲がりが悪くなり、急に動かせなくなることがある。
  • 強い痛みと腫れがおもな症状で、痛みのために患部周辺を動かせない。
  • 肩を動かす時に痛くなる。
  • じっとしていても痛くなる。
  • 肩が痛くて眠れない。
  • 肩の動きが固まってしまって、背中や頭に手が届かない。
  • 肩関節の脱臼が起こり、それが癖になって軽微な外傷でも肩が外れるようになってしまった。
  • 腕のしびれ、肩を上げたりすることができなくなった。
ひざ
  • ひざに体重がかかる時やひざの曲げ伸ばしをした時に痛みがある。
  • 急にひざが動かなくなり、同時に激しい痛みを感じる。
  • 一定の角度以上に、ひざ伸ばすことができなかったり、曲げることができなかったりする。
  • ひざを動かした時のみ痛み、安静時はほとんど痛みがない。
  • ひざに何か挟まっているような感じがして動かしづらい。
  • 強い痛みと腫れて、痛みのためにひざの周辺を動かせない。

初めて診察を受けられる方は、 当日の午前中に中央窓口で受付をお願いします。

医師紹介

村田 高(むらた たかし) 医長

当院に赴任する前は、11年間救急病院でスポーツ整形外科部長兼リハビリテーション科部長として主に膝関節、肩関節、外傷手術を担当しておりました。
膝靱帯断裂、半月板損傷、肩腱板断裂、反復性脱臼などの関節鏡視下手術、人工膝関節置換術、膝骨切り矯正手術などを得意としておりますのでご希望の方はご相談ください。

専門分野 膝関節、肩関節
出身大学/出身医局 産業医科大学、整形外科
資格/認定 日本整形外科学会整形外科専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本整形外科学会運動器リハビリテーション医、産業医科大学産業医学ディプロマ
趣味 ゴルフ、スキー、スノーボード、バスケットボール、スポーツ観戦

垣花 一章(かきはな かずあき)

患者さんと対等な目線や立場で相談や雑談のできるような医師になりたいと思っています。医師としてだけでなく、人として病院や地域に協力できるように心がけたいです。

専門分野 整形外科一般、外傷、スポーツ
出身医局 筑波大学
資格/認定 日本体育協会公認スポーツドクター
趣味 スポーツ観戦